TRANSLATE

電子マネー&食堂定期券 ミールシステム

生協組合員カードの便利な2つの機能 電子マネー&ミールシステム

大学生活をスムーズにスタートするための電子マネーチャージ

生協電子マネーは?

キャッシュレスで支払いがスムーズ

約90%の学生が電子マネーでお支払いいただいています。

ポイントが電子マネーとして使えてお得

500Pたまると500円の電子マネーがレジで自動的にチャージされます。
電子マネーで支払うとお支払うとポイントが付きます。※政府のキャッシュレス還元とは別の独自ポイントです。

100円で食堂1P 購買の食品 0.5P 書籍・文具 0.3P

購入履歴を保護者様が確認できて安心

生協マイページから購入履歴が確認できます。
くわしくは生協マイページへ

生協加入手続きと合わせて電子マネーチャージを申し込もう

大学へ入学される方は 50,000円    附属中高へ入学される方は10,000円  をお願いしています。
新入学時のWEBからの電子マネーチャージのみ1%のプレミアム率でチャージいただけます。(~4/23まで)

なぜその金額?

*大学へ入学される方
大学へ入学時は教科書の購入や教材の準備に必要になります。
また、食堂や購買の利用も始まりますので、組合員カードに電子マネーが入っていると安心です。

教材代(平均)
教科書・白衣・保護メガネ・文具など
電子マネー支払い額
1ヶ月の生協店舗利用の最安(平均)
文系 32,300円 約7,000円
理系 39,200円
薬学 65,000円

*附属中高へ入学される方
生協の食堂や購買の利用をいただく場合の約1か月分の利用額の目安です。

入学後の追加チャージについてはこちらから

ミールシステムで健康な食生活を送ろう

生協食堂は「生きる力」を育みます。

多くの大学生は食費を節約しがちです。
生協食堂では、真心こめた多彩で豊富なメニューを提供し、学生の食生活をサポートしています。
また、ご自身のライフスタイルに合った食事を自由に選択できる食堂です。
「食」に関する知識と「食」を正しく選択できる力を習得することができます。

食堂メニューはここでチェック

食堂定期券 「ミールシステム」 大学生の食生活をサポートします!

ミールシステムとは

  1. 事前申込制の食堂定期券です!
    年間契約で事前に申し込みをしていただくことで、毎日の食費を心配せず、栄養バランスの取れた食事ができます。安心して勉学・部活に励むことができます!
  2. 授業日と試験日に利用でき、食事メニューだけでなくカフェやデザートメニューも使えます!
    100円朝食から夕食まで食生活をサポートします。
    また、生協購買の生協焼き立てパンや生協手作り丼等にも使えます。
  3. WEBで利用履歴を見ることができます!
    生協マイページでは、栄養バランスが偏りすぎてないかをチェックすることができます。
    保護者の方も見ることができるので、安心のシステムです!

生協マイページについてはこちらから

ミールシステムのプラン

ミールシステムのプラン
1日利用上限550円
販売価格 70,000円
最大利用可能金額 86,350円(550円×営業日157日)

※ミールシステムは毎日きちんと使っていただくことでお得になるよう設計されています。
また、定期券ですので、ミールシステムでの決済はキャッシュレス還元対象外です。

利用期間

2021年4月5日~2022年1月28日の年間契約

ミールシステム利用規約

ルール11日の利用限度額について

  • 限度額を超えた場合は、差額を電子マネーでお支払いいただきます。
  • その日に利用しなかった分は、翌日に繰り越せません。

ルール2ミールシステムが利用できる範囲

〇食堂&Caféで提供の食事メニュー・Caféメニュー・大学生協牛乳・大学生協コーヒー
生協コンビニ一部利用可(生協手作り丼・生協焼き立てパン・大学生協牛乳・大学生協コーヒー
Coopペットボトル飲料

×市販のデザート・お菓子・弁当・おにぎり・サンドイッチ・ペットボトル飲料

ルール3カードを他の人に貸すことはできません

  • 不正利用を発見した場合、翌日から利用停止を行います。
  • 停止後のご返金はありませんのでご注意ください。

やむを得ない事情により、解約の場合は?

解約申請書類を毎月25日までにご提出ください。※保護者の同意が必要です。

解約申請書類を提出いただいた翌月1日から利用が停止されます。
返金額は利用停止月からの未執行代金を換算してお返しいたします。
返金は、振込(手数料は本人負担)もしくは、電子マネーへの返金(手数料無料)いずれかをお選びいただけます。

※未執行代金とは、ミールシステムの購入金額から、すでに経過した食堂営業日数に1日の利用限度額を乗じた金額を控除した金額のことを指します。