TRANSLATE

ミールシステム利用規則 立命館生活協同組合

第1条(ミールシステム機能の定義)

  1. 組合員カードにおいて、生協が指定した期間及び指定した1日あたりの利用限度額の範囲内で、生協が指定する食堂等の店舗(以下指定店舗という)及びIC組合員カード(以下ICカード)対応機器で食事等を利用することができる機能をミールシステムといいます

第2条(ミールシステム利用方法)

  1. 組合員は、ミールシステムに供する期間に対応する生協が指定した金額を、現金を添えもしくは生協が指定する金融機関口座への払込をもって申請することにより、ICカードによるミールシステム利用ができるものとします。
  2. ICカードによるミールシステムを申し込んだ組合員のみが利用できるものとし、当該機能を第三者への貸与又は譲渡はできないものとします。他人の食事への利用(いわゆるおごり)はできません。また組合員がこれに反した場合は、生協は利用停止措置ができることをあらかじめ承諾するものとします。
  3. ミールシステム利用組合員(以下「組合員」という)は、生協が指定した期間および指定した1日あたり限度額の範囲内で、生協の指定する食堂等の店舗(以下「指定食堂等」という)及びICカード対応機器で、ミールシステムによる食事等を利用することができます。
  4. ミールシステムを利用できる指定食堂等については、別途定め、利用申し込み案内等で組合員に明示します

第3条(ミールシステム利用の期間・1日あたり利用限度額・利用可能商品等)

  1. 生協は、ミールシステム機能の利用期間、1日あたり利用限度額、ミールシステムで利用できる食事等の商品の範囲、その他ミールシステム機能の利用にあたって必要な事項を定め、これを公示するとともに必要に応じてミールシステム機能申込者へ通知するものとします。
  2. ミールシステム機能の申し込みにかかる入金額に対する利息は、利用の有無、入金期間を問わず無利息とします。

第4条(ミールシステム機能が利用できない場合)

  1. ミールシステム機能の利用を申し込んだ組合員は、次の場合にはミールシステム機能の利用ができないことをあらかじめ承諾するものとします。

    ①指定食堂等が営業していない場合および営業時間外

    ②第3条1項による食事等商品以外の商品の購入およびサービスの利用の場合

    ③第2条2項に該当する禁止行為があり、生協が利用停止措置をとった場合

    ④ミールシステム利用期間を越えた場合

    ⑤ICカードの紛失、汚損等で再発行申請を行っていない場合

    ⑥停電、故障等、やむを得ない事情により、端末機等が利用できない場合

    ⑦生協から脱退し、生協の利用ができない場合

    ⑧不可抗力(台風、天災、暴動、流行病、政府・自治体および大学の命令)などのやむを得ない事情により急に食堂店舗を閉店した場合

    ⑨その他利用組合員の事情により、カードを所持していない場合

第5条(返品・返金の禁止)

  1. ミールシステム機能を利用して購入した食事等の商品の返品・返金については、レジ操作水など生協の改質による場合以外は受付けないものとします
  2. ミールシステム機能の利用機関のはじめの日からミールシステム利用停止日までを使用済み期間とし、返金については受け付けないものとします。

第6条(ミールシステム機能利用停止と喪失)

  1. ミールシステム機能の利用者は、次のいずれかに該当した場合、生協はミールシステム機能の利用停止・喪失させる場合があることを承諾するものとします。その際、組合員は未使用期間分の返金については一切行われないことをあらかじめ承諾するものとします。

    ①申し込みや届出変更時に、故意に虚偽の申告を行った場合

    ②当規則に違反した場合

    ③ICカード面上に記載された内容を改ざんした場合

第7条(ミールシステム解約の場合の返金)

  1. ミールシステムは生協が申し込み用紙を受領した日から8日以内であればクーリングオフ(解約)ができるものとし、また、4月1日以降の申し込みでも役務提供前である場合は8日以内であれば解約できるものとします
  2. ミールシステム機能の利用者が、ミールシステム期間中に退学、休学、留学、傷病等による長期入院等に事由により、1か月を超える長期にわたり大学に通学できなくなった場合には、生協は事前に、当生協所定に手続きによる申し出を受けて、ミールシステム未執行代金を返金することとします。
  3. 未執行代金とは、ミールシステム購入代金から、すでに経過したミールシステム対象日数に1日の利用限度額を乗じた金額とし、それを控除した金額をします。マイナスとなった場合は、返金金額はないものとします。
  4. この契約を期間中で解約した場合、同じ期間内で再度お申込みを行うことはできないものとします。
  5. ミールシステム機能を解約した場合の返金は、学生の場合は規則として保護者の銀行口座に振り込むこととし、返金に必要な手数料は申込者負担とします。

第8条 ICの紛失・汚損等

  1. 利用組合員は、ICカードの紛失、盗難、汚損・読み取り不能等の場合は、立命館生協組合員カード規則第6条にいう再発行手続きを行うものとします。

第9条 仮ICカードの発行

  1. 利用組合員は、ミールシステム機能利用期間中にICカードの再発行をする場合は、生協所定の手続きにより仮ICカードの発行を受けることができます。仮ICカードの発行を受ける際は、予め生協所定額を預託することとします。

第10条 仮ICカードの返却

  1. 組合員がICカードを入手した場合、速やかに生協に届け出て仮ICカードを返却するものとします。この場合、ミールシステム機能を申し込んだ組合員のICカードへは、ミールシステム機能を付与します。
  2. 生協は、仮ICカードの返却を受けた場合は、当該仮ICカード発行時に受けた預託金を返還します。

第11条 改廃

  1. 生協は本サービスの充実・合理化、利用者の便宜向上、社会経済状況の変化に対応、その他サービスの円滑な実施の必要がある場合に、本規則を変更・廃止することができます。
  2. 前項の場合は、生協は本規則の変更・廃止する旨を、変更後の本規則の内容および変更・廃止の効力発生日について、変更・廃止の効力発生日までに次に定める方法を適宜活用して、利用者への周知を図ります。

    ①店舗ての掲示

    ②生協WEBサイトへの掲示

  3. 本規則の改廃は、生協理事会の議決によります。

付則

一、この利用規則は、2014年4月1日より施行します。

二、この規則は、2019年11月1日より一部改定実施します