生協加入のご案内

立命館大学では生協組合員カードは必携です。ぜひご加入を!

生協は組合員のお店です。加入してご利用ください。

学生や教職員が出し合った出資金を元に自分たちのキャンパスライフをよりよいものにするために食堂、購買、旅行、学生総合共済など様々な事業を行っています。出資者は組合員ですので、生協は組合員の声を元に運営されています。
また、店舗でのサービスを提供するだけでなく、食生活相談会や自転車・バイク点検会、店舗イベントのように、みなさんが大学生活を安全で快適に過ごせるような提案活動も行っています。立命館生協は衣笠、BKC、立命館アジア太平洋大学(APU)、朱雀キャンパスや付属中・高校で展開をしており、約48,350名(2013年2月末現在)の組合員が加入しています。

出資金の流れ

キャンパスライフの必携カード 生協組合員カード

組合員カードがあれば証紙・在学証明等の証明書発行もスムーズに!

証紙とは、学部事務室で様々な手続きを行う時に書類に貼って納付するものです。
大学の事務室では現金を扱いませんので、所定の額の証紙をIC機能付き組合員カードを使って証紙発行機で買うことになります。この証紙がないと手数料を納めることができません。各種証明書発行を行う場合も同様です。スムーズに証紙・証明書(在学証明等)を発行するには生協加入と生協組合員カードの携帯が必要です。

たとえば

証明書

  • 在学証明書
  • 成績証明書
  • 健康診断証明書...など

証紙

  • 衣笠⇔BKCキャンパス間シャトルバス乗車券
  • 追試験の受験料納付
  • バイク通学の際のバイク登録...など

学生どうしのたすけあい「学生総合共済&学生賠償責任保険」への加入で安心な学生生活を!

立命館大生の約20,000人が加入し、昨年1年間(2012年度)で1,140人、約1億2,400万円の給付があった学生総合共済は、学生どうしのたすけあいの制度です。わずかな掛金で充実した保障内容になっています。
また、給付受付窓口は学内にあり、なにかあれば学生自身が安心して、気軽にご相談いただけます。合わせて、「ごめんなさい」ではすまされない他人への賠償事故をカバーする「学生賠償責任保険」ヘの加入であらゆる危険に万全な備えをしておきましょう。